佐久市デザイン開発支援ワークショップ

JMWDAは、長野県佐久地域振興局、佐久産業支援センターと共に2018年9月より、佐久大学を会場とし、デザイン開発支援ワークショップを行っています。
佐久市の3つの現場とデザインの専門家が集まり、プレメディカルケアの視点で、佐久市の未来を考えるワークショップです。
・プレメディカルケアとは、病気にならないようにする為の予防。健康で自分らしく暮らせる為の仕組みです。
・デザインとは、理想の未来を考えてフラグを立て、具現化する為のプロセスを作る事です。
・3つの現場とは、医療・介護・看護の現場、物作りの現場、教育の現場です。
​2019年は、5月から各月で行ってまいります。
20190809

未来のプレメディカル産業創出を目指そう!

佐久市 デザイン開発支援ワークショップ

2019年
​第2
リハビリテーションとは?
​現場で視て、学び、話し合うワークショップ
​時間 : 2019年8月9日 14時〜17時
​場所 : 佐久市 中込会館 大会議場
14:10~ 恵仁会くろさわ病院 リハビリテーションセンター 見学
15:00~ 講演
リハビリテーションが目指す姿と取り組みの範囲
田宮高道 先生/作業療法士/医療法人社団 医修会 大川原脳神経外科病院
16:00~ ワークショップ
リハビリテーションに必要な事、私たちができる事
​ダウンロードはこちらから
header_sitetitleのコピー.png